紺朱十二支(子)ぐい呑|令和2年度干支のやきもの|源右衛門窯 ONLINE SHOP


[NEW]
商品番号109101
商品名紺朱十二支(子)ぐい呑
寸法5.0×4.5(径×高さcm)
本体価格5,000円
税込価格5,500円

数量



【店長のおすすめコメント】
紺朱十二支(子)ぐい呑(こんしゅじゅうにし ね ぐいのみ)
古代中国で始まり、十二支それぞれに動物をあてて表現する干支(十干・十二支)をテーマとした「紺朱十二支(子)ぐい呑」です。
令和2年(2020年)は干支の「庚子(かのえね)」、十二支では「子(鼠)」の年にあたります。
十二支の最初に登場する子は、姿の愛らしさから広く親しまれ、多産であることから子孫繁栄を意味する吉祥動物とされています。また、わが国では白鼠は大黒天の使いとされ、商売繁盛をもたらす縁起の良い動物として信仰を集めています。
この子年を記念して、正面には白鼠、背面には大黒天のシンボルである二股大根を画題とした、縁起の紺朱ぐい呑セットです。
めでたき新年にふさわしい人気の商品で、お屠蘇の味わいがいっそう深まることでしょう。自家用としてコレクションされる方も多く、年賀の贈り物としても最適です。

令和2年度干支のやきものシリーズ
・染金彩子絵(干支皿)※木箱入り・オリジナル皿立付
・染錦子(置物)※木台付
・染染錦初子図(小陶額)※スタンド式
やきものは手づくり・手描きで生産しております。寸法や色味など、実際にお届けする商品とは若干違いがでる場合がございます。また、ごらんのパソコン環境によっては、撮影実物と異なって見える場合がございます。
ページの先頭へ